FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(^^)が語るデビルマンレディー続編~②

kage

2013/05/02 (Thu)


みなさんこんばんは、どうも、(^^)です(笑)

さて今回は、前にちょっとやりましたデビルマンレディーfpwのまだ書いてない事を語ろうと思います

その前にスペックからですね、

スペックはこちら↓o(^^)o↓

CR デビルマンレディ FPW
★賞球: 3 & 10
★確率: 1/99(低)→1/39(高)
★小当り確率:1/185(ヘソ)
★確変突入率: 72%
★内訳
[ヘソ入賞]
[16R確変/右]
電サポ次回→3%
[16R確変/下]
出玉6R/電サポ次回→30%
出玉4R/電サポ次回→2%
[4R確変/出玉ナシ]
電サポ次回→1%
[2R確変/出玉ナシ]
初回潜伏→16%
潜伏継続→20%
[16R通常/下]
出玉4R/時短20回→28%
[電チュー入賞]
[16R確変/右]
電サポ次回→3%
[16R確変/右]
出玉4R/電サポ次回→10%
[11R確変/右]
電サポ次回→50%
[4R確変/下]
電サポ次回→3%
[2R確変/出玉ナシ]
電サポ次回→6%
[2R通常/出玉ナシ]
時短40回→1.5%
時短30回→4%
時短20回→22.5%
★時短:
20回or30回or40回転
★特賞出玉:
[右アタッカー]
1030個(16R×7カウント)
710個(11R×7カウント)
270個(4R×7カウント)
[下アタッカー]
450個(6R×9カウント)
300個(4R×9カウント)
★トータル確率:

--------------------------------------------------------------------------------
1000円あたりのボーダーライン

無制限
2.5円 21
3.0円 20
3.5円 19
4.0円 18

さぁスペック出てきました(^^)

まず注目したい点ですが

[右アタッカー]
①1030個(16R×7カウント)
②710個(11R×7カウント)
③270個(4R×7カウント)

★賞球: 3 & 10

この4点です

右アタッカー三点の中の②に目を向けて見ましょう

11R×7カウント=710個、と書かれているのが分かります

ではこの11R7カウント、、、

10(S=賞玉数)×7(C=カウント)×11(Rラウンド)=770個ですね【払い出し出玉】
そして打ち込みがありますので
7(C)×11(R)=77個ですね【打ち込み玉数】

770(払い出し出玉)-77(打ち込み玉数)=693(個)
(※この算出はプロが打った場合の算出になっております、したがって打ちっぱなし打法を採用しておられる方には対応しておりません)

さぁ出てきましたね(^^)

そしてさきほどの4点の内の②を持ってきます

②710個(11R×7カウント)ワープしてきました(^^)//ww

710個と書かれております、さきほどの計算では693個と書かれております

大事な事は真実を見つめなければなりません

結論から言うと710個でもいいんです、693個でもいいんです、

しかし710個なら710個の意味合いですね
(※どうして710個になっているんだ!!!という事です(^^))
そして693個なら693個の意味会いですね
(※どうして693個になっているんだ!!!という事です(^^))

まず上記のスペックからの710個ですね、これ、適当に重複を含めているんですね(^^)wwwwwwwwww

(※だからと言ってチュートリアルさんが○○○だ、という事ではないです、チュートリアルさんにはチュートリアルさんの考えがあっての記載でしょうから・・そこは突っ込むところではないです)

実際に(^^)もスペックの一部(主に平均時短回数、平均出玉、BL以外))ですが、利用させていただいております♪

別にチュートリアルさんのBLを参考にしても大丈夫なんです(^^)

しかし、その中の"意味合い"ですね(^^)

先ほどの繰り返しになりますが、なぜ11Rが(710個)になっているのか

これを確認しておかなければ痛い目に合います、特に我々プロはwwwww

710個、これは単純に考えても分かりますが、"重複"が絡んでいなければこのような数値には成りえませんww

なぜなら・・

693個、(R間キッチリ止め打ち+丁寧打ち)でもこれです(^^)

まず大事な事は【bl】算出の基礎となるa(平均出玉)にいくらをどれだけ含んでいるのか^^?という点です

それでは算出してみましょう!・・・・・・・・・・・・・

と言いたいところですが・・算出しても"無意味"なんですね(^^)

なぜかと言いますと”既に””途中”から始まっていますので、どこからが”+”なのかどこからが”-”なのかがいっさい不明なのでどう組みたてればいいか分からないんですwwwwwwww(^^)///

例外としての組み立て例ですが、、これはチュートリアルさんに

どこがどうで、どこまで含めているのですか?また、またこのデーターは親父打ち考慮ですか?
潜伏率+潜伏率の打ち込み玉数を考慮していますか?また潜伏率の打ち込み玉数は台の回転数にとっても変わりますので、何回の台ですか?・・・・・などなど、細かく聞いた上でなら出せるでしょうが・・現実的には個人的接触は不可能ですよね・・^^;)

なので途中算出は不可なので自分で一回全て”バラ”して0の状態で1から組みたてる必要があるのです(^^)!!

(^^)は長年エクセルを採用していて各項目にそれぞれ確認用ツールをきめ細やかに入れておりますww

(作業標準書みたいな物ですが^^ww)

^^)y━・ ふぅ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~そろそろお風呂が沸いたようです((ぉいw)

ではwwwwこの辺はまたどこかで語るとします♪(^^)


やろうかな・・・・・・・(ニヤリ^^))

以上! お風呂に急く(^^)なのでした~~~~~~wwwwまた次回、つ・づ・く♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。